CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


we're gonna make sure days to be better.
<< たぶん詐欺師かまじない師 | TOP | 世界は私の為に >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
心を無にして君の声を聞く
今日の夕飯の八宝菜の、野菜の火の通りがいまいちでした。
炒め物の類は基本野菜の火の通りが悪いことが多いのです。
反省。
…しつつ、直らないのは本当は少し固めの野菜が好きなのでしょうか、私。最近なんかもうそんな気がしてきた。

連休前半は先ず、叔父夫婦が来て一緒に買い物行ったり食事したり。
アサヒの熟撰というビールがこれ以上ない程に美味なのだけど、探せども探せども何処にも売っていない。
酒飲みの叔父夫婦と酒屋巡りまくったのにみつからない。
酒専門店は今すぐ入荷すればいいほど美味なのにー!うきー。

その後はお客様がいらして手作りピザやケーキなんぞ振舞ったり、輸入食材の店へランデブーしたり。
間口狭いのに中入ると奥行きのあるお店はロマンだと思います。夢がぎっしり詰まっている。

そして連休後半は引きこもって読書三昧で生きています。なんてしあわせ!
八犬伝(太平出版社版)→北村薫マラソン→合間に恩田陸→八犬伝(偕成社版)→再び北村薫マラソンという謎のラインナップ。
そして「詩歌の待ち伏せ」なんか読んじゃうと昔読んだ詩集や歌集を発掘したくてたまらなくなる。今この段階。
斉藤史ー!塚本邦雄ー!佐佐木幸綱ー!
山村暮鳥も良いわね!此方は確実に「鷺と雪」効果。

どうでもいいけど一番最初に山村暮鳥を知ったのって、「グリーンレクイエム」だった気がします。新井素子。
いちめんのなのはな。
posted by アサコ | 23:35 | 日常雑録 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 23:35 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://nishiasako.jugem.cc/trackback/253
トラックバック